キャッシュワンのサイトです。
とても  ところ  アコム  来年  必要  せんべい  事例  ちがい  払い  プロセス  Computing  モビット  派遣  はっきり  出演  スポンサー  許可  通過  責任  ウオッチ 

ちがいとは?/ キャッシュワン

[ 398] ミセス・かんちがいのブログ日記
[引用サイト]  http://kanchigai.blog45.fc2.com/

2008年4月2日(水)引越しというのは、どんな場合でも大変なものだと思うが、次男たちの引越しも、規模は小さいながら、なかなか厄介なものであった。結婚式や卒業関連イベント、息子の運転免許取得や就職…と、ただでさえスケジュールがぎっしりで、まず準備の時間がなかった。時間がなくても、ドア・ツー・ドアで荷物をそっくり運べばよいのなら、まるごと業者にお任せするパックを選ぶ手もあったのだが、荷物があちこちに分散・混在していて、それもできなかった。新生活にあたって「いろいろ買い換えたり買い足したりしなければならない 家具や家電もあるでしょ。何が必要なの?」と何度か尋ねたのだが、「まだはっきりしない。だいたいのものはある」の返答ばかりで、どうも要を得ない。息子はもともと筑波に、友人(もちろん男の子)と二人で大きめのアパートを借りて共同生活をしていた。大きな家具や家電などは、その友人と共同購入し、卒業する時に適当に分け合う約束になっていたようだ。で、何が自分の手元に残るのかが、ギリギリまで分からなかった。残ったものも、Yちゃん(別にアパートの一室を借りていて、そちらにも生活用品はひと通りはある)の持ち物と照らし合わせ、ダブるものや傷んだもの、独身向けで小さ過ぎるものは、譲ったり売ったり捨てたりの作業を本人たちがしたので、彼らが一体「何を持っていて何を持っていない」のか、私にはさっぱり分からなかったのだ。「使えるものは持っていき、足りないものは前橋に引越し てから買う」と言うので、まあ本人たちにそれなりの計画や好みもあるのだろうし、実際ゆっくり買い物に行く暇もないし、私自身も何かと忙しかったので、親としては、金銭的に何がしかの援助さえしてやればよいのかな…程度に、甘く考えていた。ところがどっこい、結婚式はよく準備できていて立派だったのだが、引越しの方は、アパートの荷物を整理して業者に搬出・搬入を頼む以外は、何の算段もできていなくて、いろいろとダメダメだった。というより、そもそも新しく生活を始めるために何が優先的に必要かという意識が本人たちに乏しく、行き当たりばったりで、あとは向こうに行ってからで何とかなるだろう…と考えていたようなフシがある。若夫婦二人ならそれでもいいけれど、赤ん坊がいると全く事情が違うということが全然イメージできていなくて、どうにもまだ「学生気分」なのだ。
2008年3月20日(木)先週土曜(3月15日)、沢山の人の祝福を受け、次男夫婦の結婚式が滞りなく済んだ。すぐにでも様子を報告したかったのだけれど、今日になってしまったのは、別に疲れがどっと出たからというわけではなく、自分の確定申告とかいろいろな雑務雑用に追われていたからだ。泣き落としで〆切を延ばしてもらった仕事もまだ抱えているので、今も本当はブログなど書いている場合ではないのだが、以下、簡単に報告を。挙式はキリスト教式で、聖歌隊がアヴェ・マリアを歌う中、可憐な花嫁姿のYちゃんが父君と腕を組んで入場した瞬間から、私はもう 涙が溢れ出てしまった。(「泣くの早っ!」と我ながら思ったが、心で感動する以前に、 荘厳な雰囲気に体が条件反射を起こしたように涙が出て きて、その後も挙式の間はずっと涙が止まらなかった。)神前式も悪くないけれど、キリスト教式の挙式も良いものだ。特に今回は最前列で見たので、新婦の父と新郎とが、笑顔で うなずきあうようにしっかりと握手しあう表情なども間近で見ることができ、本当に胸に迫るものがあった。披露宴は、何かとネタになることが多いものだったと思う。★赤ちゃんぐるみの披露宴である(これは今どきは、そう珍しくないらしい)★主賓(新婦の恩師)は、偶然にも、新郎の両親(=私たち 夫婦)の結婚媒酌人の息子である(これもなかなか“縁(えにし)”を感じさせることなのだが、 関係者以外には、どうってことはないだろうな…)しかし、次の点は、ちょっと面白い状況。★この日に利用した結婚式場で、新郎新婦は二人とも学生時 代にアルバイトをしていた (逆に言えば、バイト先の式場で結婚式を挙げることにし たというだけだが、内情がわかっているので、本人たちが 式当日のスタッフを名指しで選定。そのため、スタッフ全 員が友人知人という、アットホームな雰囲気。料金の方も だいぶサービスしてもらえた。)…これって、珍しくない? そして、きわめつけのネタは、やはりコレ!★新郎も新婦も双子である!!!
2008年3月10日(月)次男夫婦の結婚式まで、あと5日。(入籍は昨年4月に済ませているが、卒業式の前に、ベビー 共々お披露目の意味で、今回、簡素ながらひと通りの挙 式と披露宴を行うのだ。)やることは山積みだし、乳児がいると何をするのもはかどらないし、しかも夫は風邪気味で使えないし(結婚式前にお嫁さんや孫に風邪をうつしたら大変!)で、相変わらずバタバタな日々を過ごしている。結婚式には私の妹一家も当然出席するのだが、大学生の姪っ子は、私の若い頃の服を着て出席する予定だという。もともとは妹に譲った服なのだが、袖無し総レースの丈の長いワンピースは、今では妹が着るより、若々しい姪っ子が着た方が確かに似合いそうだ。自分の若い頃の服を、思いがけずそんな形で着てもらえるのは、恥ずかしいような嬉しいような気分である。お嫁さんのYちゃんにも、雑談中にちょっとその話をした。私 「昔着たロングドレスなんかも何枚もあるから、もし 好きなのがあれば、Yちゃんにもあげてもいいんだけ ど…、でも、サイズが多分合わないよねぇ…」Yちゃんは私と比べるとすごくスリムだし、身長も10冂小さい。 彼女が着たらきっとダブダブに違いないのだ。しかし Yちゃんは目を輝かせ、Y 「わ〜、見てみたいです〜♪」私 「そうお…? 見るだけでも見てみる? じゃ、ちょっと 持ってくるね」私は洋服箪笥から、もう何十年も着ていないパーティー着やらドレスを出してきて、ズラズラと並べて掛けてみた。Y 「すごい〜、式場の衣装室にあるドレスみたい!」私は今でこそ地味なオバチャンだが、若い頃はとっぽい服が好きで、パーティーなどでは、常識人なら普通 しないだろうというような目立つ格好(笑)を好んでしていた。比較的無難な服は妹に譲ったので、家に残っているのは、妹などが絶対に着ないようなハデハデな服ばかりだ。しかし Yちゃんは、「わあ、これ可愛い!」とか言いながら、興味津々で見ている。…ふ〜ん、こういうの、好きなんだ。というか、着たそう。(良かったぁ! だって、「え〜、お母さん、こんな派手なの 着てたんですか〜」と、ドン引きされるかも…とも思ってい たのだ…笑)え〜と、Yちゃんには優しい感じの水色のロングドレスなら似合うかしら?…などと思いながら私 「もし着てみたいのあったら、どれでも着てみていいよ」と言うと、Y 「じゃ、これ、着てみていいですか?」真っ先にYちゃんが選んだのは、黒の大人っぽいミニドレスで、ちょっと意外だった。 そして、彼女が着たところを見て、またびっくりした。めちゃくちゃ、似合うやん!しかも、「ちょっと色っぽくてカッコイイ系」の服のはずなのに、彼女が着ると、なぜか「可愛い萌え系」になる。Yちゃんは色白で、もともと目力(めぢから)がある。まつ毛も長く (マッチ棒が乗るらしいよ!)、目のお化粧は一切不要なほどだ。その目と ストレートな黒髪と 黒い服とが、何かのキャラのコスチュームみたいに、妙にマッチしている。最近美容院で前髪をカットしてきたので、お人形っぽさも一段と増している。私 「これも、はめてごらん」と、黒レースの長手袋(指先は出るタイプ)を渡す。Y 「…こんな手袋、初めて見ました」と、それを二の腕がちょっと見える程度に長くはめると…うわ〜、まるっきり、コスプレ!!危ないほど、似合ってる(笑)。アキバ系のお兄さんたちが喜んじゃいそうな雰囲気。(岩手のご両親に見せたら叱られるかも…?)そんな着こなしになるとは、Yちゃん自身にとっても、予想外だったようだ。ちなみに、こんな感じのドレスと手袋私 「いや〜、Yちゃん、アニメかゲームに出てくる美少女 キャラみたいだよ!」Y 「…何か、戦闘力とかも高そうですよね(笑)」
2008年3月3日(月)孫娘Kの初節句のためにいろいろ頂き物をして、家の中は雛祭りムード一色(これは我が家では初めてのこと)という感じで桃の節句を迎えた。しかも3月3日は、Kが生まれてちょうど100日目!初節句と、お食い初めのダブル祝いなのだ。これは、おババとしては張り切らなければ…。というわけで、今日は朝からちらし寿司など作って奮闘。ケーキも2種類買ってきた。(取手の駅ビルが今日リニューアルオープンして、以前は ケーキ屋が1軒だけだったのに、2軒に増えたのだもの♪)料理やケーキを並べ、Kには、お嫁さんYちゃんの実家から贈られた、赤い祝い着も着せ、さあ記念撮影の準備は万端…なのだが、肝心の姫のご機嫌、麗しからず。皆でカメラを向けてあやすのだが、ちっともカメラの方を見てくれず、ふんぞり返ってふて腐れているので、撮影は難航(笑)。お食い初めなので、一応、「食べる」真似をさせる。※ちなみに、本当に食べさせたのは、お吸い物 (ハマグリの潮汁)を薄めたものを一さじ。
2008年2月26日(火)我が家は男の子ばかり3人だったので、五月人形や鯉のぼりは沢山あるのだが、お雛様はなかった。以前、知人の結婚式の引出物で卓上用のミニ雛を頂いたので、毎年それだけをテレビの上に飾り、ささやかな雛祭り気分を味わっていたのである。…と、昨日はお嫁さんのYちゃんの実家から大きな箱が届いた。 孫娘Kの初節句のための雛人形だ。早速飾る。(飾るためにソファーの位置を変えてリビングの模様替え。)ああ、やっぱりお雛様って華やかでいいわ〜♪と、まだ訳のわからぬ孫よりも、私が喜んでいるような次第(笑)。夫も「家の中にお雛様があるって初めてだ」と感慨深げ。(夫は一人っ子だから、夫の実家にもお雛様はないのだ。)
2008年2月22日(金)次男夫婦は、今日明日と、2日間の留守。次男がこの春から就職する高校での打ち合わせのために前橋まで行くので、お嫁さんのYちゃんも同行し、ついでに2人で不動産屋を回って新居を決めてくるのである。その間、孫のKの世話は我々夫婦が担当。これまでも何度か日中は預かっているが、夜も含めて丸々2日間、面倒をみるのは初めてだ。取手から前橋までは決して近くはないが、片道120キロほどの道のりを、若夫婦は車で出かけていった。街の様子をいろいろ見たいのだそうだ。運転はお嫁さんのYちゃん。(次男は現在教習所に通っていてやっと仮免を取ったところで、まだ戦力にならない。)昨夜は2人でネットで道順を調べて地図にルートをマーカーで書き込んだり、賃貸物件を調べては「家賃5万でこれなら、広いよね〜」などと言いながら、候補をピックアップしたりしていた。その様子は微笑ましく、これからはこうして何でも2人で相談しながらやっていくのだなと思うと、何だか今さらながら安心し、これでもう次男のことは心配ないな…などと思うのであった。さて、2世帯同居の最近の風景を幾つか。
2008年2月16日(土)夫は自分が飲んべえだからか、酔っぱらいの扱いが 妙にうまい。 見知らぬ酔っぱらいにからまれても、ちっとも困らないそうだ。昨深夜、帰宅した夫、「今日も酔っぱらいにからまれちゃってさ、オレ、ヒゲの ことでよくからまれるんだけど、今日も酔ったオッサン が、オレの顔を見て、“お、かっこいいヒゲ、してるじゃ ねぇか”…って、からんできたわけよ」そんな時は、相手以上に酔ったフリをするのが上策らしい。そこで夫は、相手の両肩を両手でガシッとつかみ、いきなり「先輩っ!! かっこよくなんかないんすよ、先輩! オレは20年間、ヒゲを伸ばしてきた。 先輩にヒゲを剃れ と言われても、オレは剃らないよ。 でも、今、家に孫が 来てるんだ。 孫がオレの顔見て泣くようだったら、オレ はヒゲを剃るよ、うん、剃る。…剃るんだ〜っ!!」すると、その酔っぱらいのオジサンは、「…オレ、もう帰らなくちゃいけないから…」と、退散したそうだ(笑)。その情景を想像すると、私はおかしくて仕方がなかった。周りの人は、きっと笑いをこらえていただろうな…。
2008年2月13日(水)我が家は新年会の時に人が沢山泊まりに来るので、その前にも、多少は頑張って掃除をする。(とは言っても、物をどけて布団を敷くスペースを確保す る程度…それだけでも結構大変だったりするが…)。しかし、「人が(1〜2泊)泊まる」のと、「(1〜2カ月間)一緒に暮らす」のとでは全然違うなあと、今回準備をしながら思った。次男一家に提供できるのは1階の和室しかないが、普段のままだと、親子3人の布団を敷くだけで一杯一杯。が、「暮らす」なら、諸々の荷物を置くスペースもほしいし、ちょっとしたテーブルなどもあった方が便利だ。部屋自体の古さはどうしようもないが、何とか、少しでも快適に過ごせるようにしてやりたい…と思いつつ、余計なモノの始末に頭を痛めた。一番のガンは、デンと居座るデスクトップパソコンだ。古いパソコン(今はWindows2000が入っているが、もともとはWindows98)で、画面は小さいが、モニタも本体も 案外かさばる。それらとプリンタが収まっているパソコンラックも、結構な大きさだ。これが邪魔で邪魔で仕方ない!本当は、ラックごと一式全部処分してしまいたい!!(でもまだ動くし、夫が調べ物やメールに使うには充分。 今でも原稿作成にワープロ専用機を愛用している夫には、 フロッピー・ディスク・ドライブがある利点も大きい。)最初はリビングに移動させようかと思ったが、ラックの横幅はともかく、奥行き70センチというのが辛い。背後の配線や椅子のスペースまで考えると、リビングに置くのも、どう考えても邪魔なのだ。2階に持っていくしかないなあ。…そうなると、ネット接続を何とかしないと。我が家は無線LANのルーター(親機モデム)を置いていて、ノートPC なら、家じゅうどこでもワイヤレスでネット接続できる環境だが、このデスクトップパソコンだけはLANケーブルでつないである。2階に運ぶなら、無線LANに対応させなければ。調べたら、今はUSBポートに差し込むだけの無線子機がある。(昔 長男が使っていたのは、USB接続で卓上に置くタイプのアダプタだった。)いや〜、便利じゃん! 早速買ってきた。バッファロー製“WLI-U2-KG54L”
2008年2月11日(月)こんなに長くブログを休んでしまったのは初めて(かな?)。元気である。お察しの通り、バタバタしていたのだ。昨日からは、次男一家と暮らしている。いろいろな意味で、今日は落ち着いてきて、お嫁さんのYちゃんと一緒に買い物に行った。哺乳瓶を洗うブラシとか、オムツを入れるフタ付きバケツ。肌着なども少し買い足し、「Kに似合いそうだね〜♪」と嫁姑で意気投合して買ってきたのは、こんな、ドラゴンボールの胴着(修行着だっけ?)。風呂上がりに早速着せてみた。
2008年2月3日(日)美緒さんの先日の日記で、「アナグラム&アート展」(ちゅうさんがペーパーアート作品を出されているグループ展)を見てきたという記事を読んで、「ああ、先を越された〜っ」と言うか、「これで、私が行った時に、バッタリ美緒さんにお会いで きる可能性はなくなったな〜」と少し残念に思っていた。(美緒さんは一昨年もちゅうさんのグループ展に出向かれ ているので、今年もいらっしゃるかも?と思ってたのだ。)今度はnoaさんのブログで、「アナグラム&アート展」に行くか、「ジョン・バーニンガム絵本原画展」に行くかで迷い、コインを投げて決めて、絵本原画展の方に行ってきたという記事があって、思わずニヤけてしまった。noaさんは絵本の紹介をブログのメインにしていらっしゃる方だし、わざわざ時間をかけてどちらか一方だけに行くなら、そこは迷わず、世界的な絵本作家の原画展に行くのが正解!「アナグラム&アート展」は珍しいけれど、どちらかと言うと、ランチなり映画なり、他のイベントと組み合わせて、「ついでに立ち寄るのがオススメ」の小規模なものなのだ。ペーパークラフト体験教室(※後述)などに参加するのでなければ、こちらは、2、30分もあれば見られる。で、私は即座に心を決めた。よし、両方とも行こ♪(笑)私はジョン・バーニンガムという絵本作家を知らないのだけれど、noaさんが「大好き」とおっしゃっているだけで、これは見る価値あるだろう、と確信した。開催場所も、銀座と東京駅大丸なら近いし。ついでに日本橋三越でトールペイント展が開催中(N井さん情報)ということだから、そっちも見て来よう。ブログでの報告記事タイトルは 『アート鑑賞の“はしご”』だな〜と、出かける前に決定(笑)。お友達のN井さんとT中さんは仕事があるので、夕刻からの「アナグラム&アート展」と夕飯だけを約束している。絵本の原画展と、トールペイント展は、その前に一人で気ままに見ることにしよう。

 

[ 399] Amazon.co.jp: 男の勘ちがい: 斎藤 学: 本
[引用サイト]  http://www.amazon.co.jp/c?・a?Ra??a?!a??a??-a??e??-a-|/dp/4620317012

対象商品であれば、購入金額にかかわらず、配送料が無料になります。つまり、無料配送サービスの最低購入金額(1,500円)を意識せずに、お買い物をお楽しみいただけます
プライム会員は、対象商品の購入の全てについて、通常配送又はお急ぎ便配送を無料(本規約中のその他の制限や条件にご留意ください)で受けることができます。但し、これらの配送オプションは、当サイトの在庫状況、注文期限及び一部については発送地域により限定されます。プライム会員は、同一の住居(同一住所)に住む家族を2人まで追加費用なしで家族会員としてプライムに加入させることができます。(20歳未満の会員は、その親権者又は後見人の関与なしにAmazon.co.jpのサイトを利用することはできません。)プライム会員は、いつでも家族会員の変更又は退会をさせることができます。家族会員は、プライム会員が会員を辞めた場合又はプライム会員により退会させられた場合には、自動的に家族会員の地位を失います。プライムは、法人利用、又は営利目的、業務目的若しくは再販売目的のお客様にはご利用頂けません。
プライムの対象は、Amazon.co.jpがwww.amazon.co.jp上で販売する特定の商品で、沖縄及び一部離島を除く日本国内を発送先とするものに限られます。当サイトは、都度当サイトの判断により、例えば設置が必要となる大型商品又は重量商品、危険物として規制されている商品その他発送に関して特別な配慮が必要な商品を、プライム対象外商品とすることができます。また、第三者により、又はAmazonマーケットプレイスなどの第三者販売プログラムを通じて販売される商品は、プライムの対象ではありません。なお、プライムの対象商品である場合には、当サイトのウェブサイト上に、それが明示されます。
お客様は、プライム会員に登録し、プライムを利用するために、Amazon.co.jpのアカウントを取得しなければなりません。当サイトは、当サイトの判断により会員登録を受入れ又は拒絶する権利を有しています。お客様は、上述の家族会員によるプライムの利用方法を除いては、自己の会員資格又はその特典を譲渡又は移転することはできません。プライム対象商品であっても、場合により注文や取扱いに関する料金又は税金がかかる場合があります。支払い方法が代金引換の場合は、別途代引手数料が請求されます。もし、お客様が注文する商品の一部がプライムの対象商品ではない場合には、お客様はかかるプライム対象外商品について所定の配送料を支払うことになります。また、注文の変更やとりまとめ、送付先、配達時期又は配達方法の変更は、プライムの適用について影響を与えることがあります。以下の点に注意して下さい。
通常配送及びお急ぎ便配送オプションは、お客様への配達予定日を決定するためのものです(これらのオプションは、商品の入手可能性や当サイトの発送予定日を反映するものではありません。)。
当サイトは、当サイトの判断において、陸路又は空路から発送することができます(これらのオプションは、運送方法の指定サービスとは異なります。)。
プライムの年会費は、3900円です。この年会費は、以下に明示的に規定する場合を除き、払戻しされません。翌年についてのプライム会員登録の更新前に、お客様が退会したい旨を当サイトに通知しない場合には、お客様の会員登録は自動的に更新され、お客様への通知なくして、当サイトは、お客様が登録された支払い方法に基づき、その時点で適用される年会費及び税金の支払を受けることができます。
Amazonプライムの会員は、会員登録後、サービスを共有できる家族の方も含め、一度もサービスを利用されていない場合は、キャンセルすることができ年会費の払い戻しを受けることもできます。
当サイトは、お客様に対し様々なプライム無料体験その他の会員の募集をすることがあります。無料体験会員は、当該会員募集の際に特別に規定されたものを除き、本規約の条件に従うものとします。無料体験会員はいつでも、無料体験期間の終了の際に、Amazon.co.jpのアカウントサービスを通して年会費を負担するプライムの会員登録をしないという選択をすることが可能です。
当サイトは、当サイトの判断により、お客様に何らの通知なくして、本規約、Amazon.co.jpの利用規約やプライバシー規約又はプライム会員に関する事項について変更することができます。しかしながら、年会費の増額については、会員登録を更新するまでは適用されません。また、当サイトが通常配送、お急ぎ便配送オプションの配送を有料としたり料金を値上げする場合、又は当サイトが、お客様が加入させることができる家族会員の人数を減らす場合には、その変更が生じる少なくとも30日前にEメールによりお客様にその旨を通知します。もしお客様がこれらの変更の実施前に退会される場合には、当サイトは、残りのプライム会員期間(但し、一ヶ月単位で残っている期間に限る)を基準に、年会費の割合的払い戻しをします。この払戻オプションは、当サイトが行なうその他の変更には適用されません。万が一、これらの変更が違法、無効又は何らかの理由により強制力がないと判断された場合でも、これにより、その他の有効かつ強制力のある変更又は条件は影響を受けることはありません。当サイトが本規約等を変更した後に、お客様がプライム会員登録を継続する場合には、お客様はその変更に同意したものと見なします。もしお客様がかかる変更に同意しない場合には、お客様はプライムを退会しなければなりません。
当サイトは、当サイトの判断により、お客様に通知なくして、プライム会員登録を解除することができます。もし当サイトが解除を行う場合には、当サイトは、残りのプライム会員期間(但し、一ヶ月単位で残っている期間に限る)を基準に、年会費の割合的払い戻しをします。しかしながら、当サイトが、お客様の行為が本規約又は法律違反、会員特典の詐取又は悪用並びに当サイト又は他の会員の利益を害するものと判断し解除する場合には、年会費の割合的払戻しはいたしません。当サイトがお客様に対して本規約の各規定を厳格に遵守するように要求しなかったとしても、それは当サイトの権利の放棄を意味するものではありません。
Amazon.co.jpの利用規約中の責任の限定及び免責に加えて、当サイト若しくはその取締役、役員、従業員、代理人若しくはその他代表者は、プライムに起因若しくは関連する直接的、間接的、特別、偶発的、必然的又は懲戒的な損害賠償又はその他の損害賠償について責任を負いません。当サイトの契約上、保証上、不法行為法上(不作為も含む)又はその他の責任限度額は、お客様が支払った直近の年会費を上限とします。 これらの免責及び責任の限定は、法律上許容される限度において適用され、退会又は解除によりその効力は失われません。お住まいの国や地域によっては、法律により、特定の損害について免責又は責任限定が許されません。もしこれらの法律がお客様に適用される場合には、上記の免責又は責任の限定の規定の全部又は一部は適用されず、お客様は上記規定に関係なく損害賠償請求ができます。
下のボタンをクリックして今すぐお申し込みいただけます。お申し込み完了後、この注文に新しい配送料が適用されます。今回お申し込みされない場合でも、申し込みページからいつでもAmazonプライムの会員登録ができます。
後でお申し込みされる場合は、この注文にAmazonプライムのサービスは適用されませんのでご了承ください。
支払い情報は最新のものですか? 指定したクレジットカード番号や有効期限を更新する必要がないか、必要に応じて確認してください。
配送方法はお急ぎ便ですか? 商品詳細ページの右側にある通常の1-Clickボタンを使用する場合は、お届け先への配送方法を確認してください。Amazonプライムのサービスを便利にご使用いただくには、配送方法を通常配送からお急ぎ便に変更する必要があります。
1-Click機能を利用して注文するのではなく、ショッピングカートを使用して注文する場合は、ショッピングカートに商品を入れて通常どおりレジに進んでください。「注文内容」ページには、以下が表示されます。
できるだけ早くお届けするように、商品は初期設定で「準備ができ次第発送」されるように設定されます。追加料金は発生しません。
家族に登録案内をおくるには、名前、続柄、Eメールアドレス、誕生日をそれぞれのフィールドに入力して、「登録案内を送る」をクリックします。入力したEメールアドレス宛てに、Eメールが自動的に送信されます。登録案内を受け取られたご家族の方はEメールの中にあるリンクをクリックし、サイト上にて登録手続きを完了してください。なお、登録案内を送ったお客様の誕生日を入力する必要がありますのでご注意ください。
家族会員を削除するには:削除する家族名の横にある「削除」ボタンをクリックします。削除された家族会員には、お知らせEメールが自動的に送信されます。
お急ぎ便は、日本国内への発送のみにご利用いただけます(一部地域を除く)。お急ぎ便対象外の商品については、通常配送をご利用いただけます。
このサービスは、法人アカウントをお使いの方、業務目的で商品を購入する方、再販目的で商品を購入する方はご利用いただけませんのでご了承ください。
Amazonプライムのサービス対象商品がご注文の一部に含まれる場合には、対象外の商品には該当する送料が請求されます。
商品は陸路または空路を使用して発送されます。このオプションは配送業者指定の配送サービスとは対応しません。
Amazonプライムの会員は、会員登録後、サービスを共有できる家族の方も含め、一度もサービスを利用されていない場合は、キャンセルすることができ年会費の払い戻しを受けることもできます。
会員登録は、毎年自動的に更新されるように設定されています。「アカウントサービス」から会員ページにアクセスすれば、自動更新しないように設定したり、更新時に支払い方法を変更することもできます。
下のボタンをクリックすると、上記の商品をショッピングカートに入れるとともに、年会費¥ 3,900でAmazonプライムの会員登録の手続きができます。年度の年会費、¥3900 は、お客様が選択したクレジットカードに請求させていただきます。また、お客様がAmazonプライムの会員登録を更新し続ける場合は、毎年、このクレジットカードに請求させていただくことになります。会員登録は、「アカウントサービス」でいつでもキャンセルすることができます。会員登録をキャンセルすると、次年度の年会費は、クレジットカードに請求されません。また、Amazonプライムの特典を一度も使っていない場合、会員登録をキャンセルし、年会費の全額返金を受けることができます。有効期限切れなど、なんらかの理由によりご指定のカードが使用できない場合、アカウントサービスに登録してある別のクレジットカードを選択させていただきます。
下のボタンをクリックすると、会員規約に同意したことになり、登録されているクレジットカードに年会費を請求します。
今から以内にレジに進み、「お急ぎ便」オプション(有料)を選択して注文を確定されたご注文が対象です。 詳しくはこちら
男らしさは病気だ!そろそろ勘ちがいをやめて、家族やパートナーとの関係を見なおそう。精神科医が「男らしさの病」に迫る現代人の必読書。
「自分が何をしていたって女は待ってくれるはず」 こんな母子関係にだけ許される無限の期待を持つ「子どもの男」たちよ、そろそろ勘違いをやめて家族やパートナーとの関係を見直せ! 精神科医が「男らしさの病」に迫る。
神戸の小学生連続殺傷事件について、「父親探し」だったのではないかとの考察がとても興味深かったです。少年犯罪・少子化・未婚化・母子密着・DV・・・様々な問題が、母親・女の領域として語られ、断罪されることが多い中で、男性である斎藤先生が、「これは男の問題だ」と喝破されているのはとてつもなく重要なことだと思います。男の病は女の病。どちらかだけが歪むことはありえないのではないでしょうか。女性にも男性にもお勧めいたします。視野がちょっと広がります。しかし「男の病」の症状が重い人ほど、こういう本読まないんだろうなあ・・・。
毎日新聞連載コラムから生まれた本だが、その手の雑文集ではない。「男とはなんぞや」という一貫したテーマを持ち、著者の臨床経験、豊富な知識に裏づけされた良書である。 「男の勘ちがい」というタイトルも、「男らしさは病気だ!」というオビの文句も「その通り」と膝を打ってしまう。 男らしさの問題点は家族に根源があり、妻子を虐待する男、引きこもる男、自殺する男、企業戦士、みんな「男らしさ」の犠牲なのだ。さらには、「健全家族神話」の結果が少子化や離婚であるという主張も説得力あり。 「父性と母性」に関する描写は他に類を見ないくらい秀逸で、筆者ならではの切れ味。 ぜひ一読あれ。
斉藤学氏の言葉は常にシャープに核心を突いてくる。本書では、少子化、少年犯罪等、現代社会が抱える様々な問題の根底に、「男の勘ちがい」という言葉で端的に表現される男の見栄や幼児性が存在することを指摘している。おそらく世の男性の大半が直視することを拒絶するであろう男の弱さを、自ら男性でありながら冷静かつ正確に分析している。内容自体は他の著書と若干重なるところもあるが、今回異色なのは、斉藤氏本人の幼少期の思い出、妻子への思い、老いと死への思いが素直なトーンで語られている点である。斉藤氏が日々を真摯に生き、還暦を過ぎた現在も成長を続けていることを示すようで好感が持てた。
現代日本はすっかり欧米化し、男女平等になったなんて全くの嘘。というより日本男性には自己欺瞞があるわけです。裏表ですね。本書はそこを指摘。日本男性は本当は、自分は...
人にはそれぞれ個性があるように、父親として夫としてどうあるべきかそれぞれ違うのが本当の姿だと思います。よその誰かと比較して「もっとあぁだったら」とか「もっとこう...
新聞広告でみて,面白そうに思えたのでついつい中を見ないで買ってしまいましたが,こりゃいかん.話はあっち飛びこっち飛びでまとまらない,議論は独善的でしばしば説教が...
※ 「この商品について語る」では、「この商品について語る」ガイドライン等に基づき、評価の高低等にかかわらず、お客様の自由な投稿を掲載しています。商品のご購入の際はお客様自身でご判断下さい。

 

戻る

キャッシュワンのサイトです。

キャッシュワンのサイトです。