キャッシュワンのサイトです。
シェア  オフィシャルブログ  従って  扱っ  カラー  コンテンツ  により  しゃぶり  借り方  オリコ  公式  極度  限度  見直し  アットローン  社会  Intelligence  明細  受取  貸付 

表すとは?/ キャッシュワン

[ 269] 2007年 今年の漢字
[引用サイト]  http://www.kanken.or.jp/kanji/kanji2007/kanji.html

財団法人日本漢字能力検定協会(本部:京都市/理事長:大久保昇)は、漢字の奥深い意義を伝授する活動の一環として、毎年年末に全国公募による一年の世相漢字を決定しております。
応募者の「偽」を選んだ理由は、大きく以下4つの理由に分類できます。なお、2位以下の漢字にも同様の理由が大きく反映されており、そのことが今年の特徴となっています。
食肉や野菜の産地偽装、加工食品の原材料偽造、大手菓子メーカーやファーストフード店の賞味期限改ざんなど身近な食品に次々と偽りが発覚したことが、大きな理由に挙げられています。
年金記録に偽りが見つかって不安になったことをはじめ、政治活動費の偽りや、官庁の裏金工作が発覚。米艦への給油量問題やゴルフ接待疑惑にも国民への「偽り」を感じたという意見も多数見受けられます。
歴史と伝統を誇る老舗の土産品、名門の老舗料亭にも賞味期限改ざんや仕入れ品などに偽りが発覚。「ああ、お前もか」とため息が出たという意見も目立ちました。
耐震偽装問題、人材派遣会社の偽装請負事件、英会話学校の偽装など多くの業界に偽りが見つかったほか、相撲やボクシングなどスポーツ選手にも偽りが発覚。中国には有名キャラクター摸倣の「偽」遊園地が堂々開園していたことも、理由に挙げられました。
本日は、このような今年の世相を「偽」の一文字に託して、日本を代表する寺「清水寺」の森清範貫主に大きく揮毫していただき、清水寺「奥の院」のご本尊・千手観音菩薩に奉納する儀式を行います。
この儀式により、「偽」に託された今年の世相が清められ、新年が明るい年になることを願ってやみません。なお、本日揮毫された「偽」は大晦日まで、清水寺の本堂に置かれ、一般の人々に公開されます。
また、この行事は「漢字の日」(12月12日=いい字一字)の年中行事に位置づけております。この行事により国民の皆様が、今年の世相とともに漢字の持つ奥深い意義を認識していただくことを願っております。
年に一日「漢字の日」を定め、漢字に対する関心を深めて日本語の中核となる漢字が持つ奥深い意味を学ぶ機会を創出し、同時に日本文化への認識を深める
毎年、全国公募により世相を表す漢字一字を決定することで、一年を振り返りながら、漢字一字に込められた奥深い意味を認識する機会を創出する。
シドニーオリンピックでの金メダル。南北朝鮮統一に向けた“金・金”首脳会談の実現。新500円硬貨、二千円札の登場など。
北朝鮮に拉致(らち)された方の帰国、日本経済がバブル以前の水準に戻ったこと、昔の歌や童謡のリバイバル大ヒットなど「原点回帰」の年。
阪神タイガースの18年ぶりのリーグ優勝、衆議院選挙へのマニフェスト初導入で政治家たちが声高に吠(ほ)えたこと、「虎の尾をふむ」ようなイラク派遣問題など。
台風、地震、豪雨、猛暑などの相次ぐ天災。イラクでの人質殺害や子供の殺人事件、美浜原発の蒸気噴出事故、自動車のリコール隠しなど、目を覆うような人災が多発。「災い転じて福となす」との思いも込めて。
紀宮様のご成婚、「愛・地球博」の開催、各界で「アイちゃん」の愛称の女性が大活躍。残忍な少年犯罪など愛の足りない事件が多発したこと。「愛」の必要性と「愛」欠乏を実感した年。
悠仁様のご誕生に日本中が祝福ムードに包まれた一方、いじめによる子どもの自殺、虐待、飲酒運転事故など、痛ましい事件が多発。ひとつしかない命の重み、大切さを痛感した年。
◆伝統ある名門の老舗が、製造年月日の偽り、仕入れ品の偽り、賞味期限を偽ってシール貼り替え等、お菓子も古い品を新製品と偽り、表示以外の食品混入、野菜産地偽装、牛肉偽装、地鶏も、政治宗教にも搾取、収賄、詐欺、ホテルや結婚式場にはびこる偽外国人牧師など、一般市民を信じる心を欺く行為が、今年ほど本当に多い年はなかった。来年こそ、お互いに「信頼し合える年」でありたいと願います。
◆今年は、次から次へと、偽り商品が店舗に並び、知らずに購入していた消費者である私達・・・現在、信じられる物があるのでしょうか!そんな思いになってしまいます。
◆食品の偽り、賞味期限の偽り、そして防衛庁のゴルフの偽りなど、偽の多い出来事が多く報道されていました。まだありました。相撲でもサッカーをした人、そして稽古と称し、命を奪ってしまった人など、この世界にも偽りもありました。スポーツ界、政界、そして食品業界など日常的に偽りの多い出来事が思い出されます。
◆「偽装」の偽です。今年、一年間を通して老舗ばかりでなく、いろいろな場所が食に関する「偽装」という言葉を耳にして、又、テレビなどでも騒いでいたように感じた一年だったように思いました。今の時代、何でも手に入る世の中で、食べることができるのに・・・。なぜ、そのように消費者をだましてまで、お金儲けをしなくてはならないのだろうか?
◆過去にも色々と多くの偽装事件がありましたが、特に今年は、食に関しての偽装が次から次へと表面に出てきたり、毒野菜とまで言われた中国野菜、問題有りの中国商品の出現、それにスポーツ界でも数々の怪しげな話題も数多くあったので偽を選びました。
◆政治家の政治活動費の件、社保庁の年金記録の件、厚労省のC型肝炎の件、防衛庁の給油量偽報告の件、牛肉偽装の件、菓子賞味期限の件、耐火建材・ゴム等の件・・・と、今年ほど、次々と偽の出来事が後をたたなかった年はないと思うので「偽」としました。
◆食品に関しての偽装問題、偽りがきっかけの事件が多かったので。自分の心は決して、偽ってはいけないと思いました。
◆今年は食品偽装があまりにも多すぎました。食品だけでなくテレビ番組やニュースでも内容が偽造され、何を信用していいのか分からなくなりました。来年はこんなことがないように祈るだけです。
◆今年は有名なお店での偽装がとりあげられ、消費者の私たちは何を信用していいかわからない状態です。特に食べ物ということで腹立たしいです。安心・安全な食をよろしく!
◆今年はじめミートホープの偽装肉に始まり、お菓子の白い恋人、そして秋には老舗赤福御福餅まで偽装発覚でした。私の記憶には、偽装の偽しかありません。
◆不二家、ミートホープ、白い恋人、赤福、比内鶏、船場吉兆、ニチアス・・・賞味期限や中味の偽装など問題多い一年であった。
◆今年ほど偽造事件が新聞・テレビで報道された年はなかったのではないでしょうか。儲ける、利益を得ることばかりに追われ、本当の真実を忘れた人々にもう嘘は繰り返して欲しくないと願います。
◆今年は、食品の偽装など、様々な偽りの事件がありました。だから「偽」という漢字を選びました。「偽」は「人」と「為」から成る漢字で、「人」間の作「為」によるものという意味だそうです。そもそも偽装は、自分の利益を優先するから起こるものです。偽装が少なくなるような制度や工夫が今、必要です。
◆食品の偽装など、色々な業界の偽装問題が相次いだのが、とても印象的な年だったので「偽」を選びました。特に食品偽装については、「本物とそうでないものを見分ける力を身につけなければ」と思うこともありました。でもやっぱり、企業が徹底して不正をなくし、私たちが安全なものを口にできるようになっていってほしいです。「ごまかし続けることはできない」私自身、良くない事はハッキリと良くないと言えるようになりたいです。
◆今年の世相を表すとしたら、これしかないのでは?ないでしょうか。偽装と欺瞞に満ちた1年ではなかったかと感じました。次々と浮かんできた食品の偽造、日付から素材まで、白い恋人・赤福・ミートホープ・比内地鶏・・・等々、よくまあというくらい。あ、先日は“吉兆よ、お前もか”でしたね・・・また、社保庁、コムスン、NOVA、官庁裏金、知事不正、議員領収書・・・と、次々と悪事露見。社会を欺き、国民を騙し、消費者を偽り・・・不正と偽ものの横行に唖然です。今年の異常な酷暑を、更に暑苦しいものにした偽りの数々、やりきれませんね。明年は明るく前向きな漢字を選べる年になることを祈りつつ。
◆今年は多くの会社の賞味期限のラベル貼りかえ、産地の偽装が相次いだと思います。命を守る食の安全をもっとしっかりして欲しく「食」の一字にしました。
◆言うまでもなく安全性に疑問のある中国製の野菜や鰻をはじめとして、牛肉の偽造問題を起こしたミートホープ社、そして賞味期限の虚偽表示の問題を起こした赤福など、今年は食の安全に関わる問題が多かったため。
◆今年ほど食に関しての偽造、期日のごまかし、など多くの不正があった年はない。世界中で食糧に飢えている人達がいると云うのに・・・。もっと食を大事にして欲しい。真剣に食を考える時です。
◆今年は北海道のミートホープ社による牛ミンチの偽装、東北の比内地鶏の偽装、伊勢名物の赤福の偽装、大手ドーナツショップのドリンクの偽装、そして福岡の吉兆子会社による偽装と食品に対する信頼が揺らぎ不安感が日本中を覆った一年だったと感じます。
◆ほとんど100%の「真」の中から「嘘」を探し出していた世の中が全くの逆転。何が「真」なのかを一生懸命探しまわらねばならぬ状態の到来。「信」とか「誠実」とかという言葉が死語となり国語辞典から抹消されかねない「嘘」が通常の状態では救われない。
◆年明けの洋菓子メーカーの不正から最近の和菓子メーカー不正まで、多くの食品偽装問題が明るみになり、食品メーカーが嘘をついたことがわかった。他にも年金も払った分、ちゃんともらえると言ってきたことも嘘になってしまったし、いい話題としては東国原知事の誕生は「嘘だろう?」と一瞬、疑ってしまった。
◆政治家の政治資金、社保庁の年金、厚生省の薬害肝炎、食品メーカーの偽装、防衛庁の接待、何もかも嘘ばっかり。
◆産地を偽装するし、賞味期限も。次々と出てくる業者のいいかげんさに、もううんざりです。私達消費者は何を信じたらよいのか。
◆全国的に食品の偽装問題が多く報道されましたが、いつも謝罪の文句が自分の保身の言葉であった様に思われました。
◆食品業界での消費(賞味)期限や産地表示の改ざん、相撲やボクシングなど「謝罪」という言葉がよく使われたから。本当は「感謝」の「謝」であってほしいですね。
◆消費・賞味期限や原材料の偽装など不祥事のたびに、会社関係者が謝罪会見していた。それも1度だけでなく次々と出る毎に、何度も謝っていた。
◆テレビ番組のデータ変え、食品の消費・賞味期限変え、地球温暖化による環境変化、ガソリン価格などの値上げによる生活変化等々、身の回りの変化が大きかった一年だったから。
◆今年は何か変に感じた年。突然の首相交代劇、国会の与野党ねじれ現象、治安の乱れ進行、偽装列島等。正常とは違う変化があったため。
◆奇妙な殺人事件、首相が福田さんに変わったこと。食品・原油の高騰、食品に対しての人々の心の変化がありました。今年は色々な“変”が起きたと思います。
◆あまりニュースを見ない私の記憶にあるのは、政治と金、首相の交代、大臣の問題発言、大臣の自殺・・・政治のことばっかりです。
◆政治の面でいろいろな局面が多かった首相が辞めて、新しい首相になるが連立ならずで法案が何も決まらず、ねじれ国会のまま過ぎて行く薬害肝炎、年金問題、何も「政」を行えないまま過ぎてゆく。この一字に表されると思います。国民の為の「政」を早くして欲しいと思います。
◆2007年は政治家による不祥事が相次いで起こったと思います。このことで自らも政治に関心を持たなければいけないと考えさせられた年でした。
◆今年の漢字はズバリ「乱」ですよ。世の中の様々な乱れが噴出しました。政治では混乱のうちに安倍→福田の政権交代、次々発覚した政治家の不祥事。年金問題。公僕たる警察官による殺人etc 世間を守るべき人間が職務を遂行するどころか信じられない問題を起こす。同様に未来を担う子供たちを健全に育むべき教師が買春したり、挙句には教頭がわいせつ写真で金儲け!保護者はモンスター化し、給食費、保育料を払わない。相次ぐ親殺し、子殺し。信頼していた食品会社の賞味期限改ざんetc人の心の乱れ、会社の倫理観、社会・世間の様々な倫理観の乱れが一気に噴き出した一年だったと思います。“ALWAYS 三丁目の夕日”の時代に戻らないと、日本はどうなっていくのでしょうか。
◆政治はねじれ国会で乱れ、官僚のモラルは乱れ、物価は石油の高騰で乱れ、産地や消費期限の偽造がはびこり、会社のモラルは乱れ、すべてが乱れた今年むを表すと「乱」
◆地球温暖化が進行中。日本でも記録的な猛暑が続き、あちこちで例年より倍以上の人数の熱中症が発生しました。日本に限らず地球全体の問題でした。今年は特に身体をもって感じた年でした。
◆気象庁が今年4月1日から予報用語を改正し、その中に猛暑日が追加された。今年の夏は正に猛暑日を待っていたかのように連日35℃以上の日が続いた。5月頃から10月まで暑い期間が続いた。今年の言葉は何といっても「暑」です。
◆今年の夏の暑さが厳しかったこと、地球温暖化が進んでいるために世界各地から伝えられる異常現象に多くの人々が不安を抱えていると思います。
◆真夏の猛暑はもちろん、例年は8月15日のお盆をすぎると涼しい風が吹いて、過ごしやすくなる地域なのですが、今年は9月終わりまで残暑が厳しかった、との理由で「暑」を表現しました。
◆一つの漢字なのに多くの意味があり、人生の中で良いこと(嬉しいこと)・悪いこと(傷つくこと)が数多くあるけど「許す心・思いやる心」を大事にして幸せになって欲しいからです。心(自分)を大切に・・・。
◆メンタル面により追い詰められて、命を断った人や事件が多かった。華やかなようで病んでいる世の中だと思いました。
◆心の病気に食品偽装で心のない行動、国会では目だった心を疑う人々、今年はマイナスイメージの「心」だったが来年は良い「心」を目指す意味も込めて選びました。

 

[ 270] Amazon.co.jp: 人生を3つの単語で表すとしたら: 一倉 宏,葛西 薫: 本
[引用サイト]  http://www.amazon.co.jp/aooc??a??3a??a?Ra??ea?a?§e!¨a??a?¨a??a??a??-a,a?-aR?/dp/4062119692

この本を読んだきもちは、誰かを好きになるきもちに似ている。 ただひとつ、私の胸には違って響いたスピーチがある。友人の恩師の、ごく短いものだった。好きだった理由を思い出せるということ。と彼は言った。 どんなに好きだったかを憶えているということ。恋愛したそのことを思い出せる夫婦が、幸せなのだと思います。――(本文「好きだった理由」より)
若者に支持を受けているユナイテッドアローズのニューブランチ・グリーンレーベルリラクシング。この提案型セレクトショップの広告として掲載された詩、文を中心に書下ろしを加え、一冊の本に。心に響くことば力を実感させる。
3日で3回読みました。両思いでも、片思いでも、恋をしばらく忘れている人にも、「誰かを好きになるっていいじゃない」って素直に思わせてくれる本です。そのことが、そよ風みたいにさりげなく描かれているから、もし恋人と別れたばかりの人が読んだとしても、ふむふむって読めると思います。この本にはそういう優しさがあります。
ささやかな喜び、ふと見つけた幸せ、ちくりと胸が痛む過去、そんな、なにげない暮らしのすき間に漂う静かな想いが、表情豊かな言葉たちによって丁寧にすくい上げられています。全体的にシンプルで読みやすい構成になっていますが、読み飛ばすにはもったいない、言葉を一言一言、ゆっくり噛みしめたくなるような本でした。
ささやかな喜び、ふと見つけた幸せ、ちくりと胸が痛む過去、そんな、なにげない暮らしのすき間に漂う静かな想いが、表情豊かな言葉たちによって丁寧にすくい上げられています。全体的にシンプルで読みやすい構成になっていますが、読み飛ばすにはもったいない、言葉を一言一言、ゆっくり噛みしめたくなるような本でした。
ひとつひとつの誌は、どれもそれぞれだけれど、この一冊が、一人のひとなら、きっと素敵だろうなと思う。それが異性なら、きっとすきになっているに違いな...
二度続けて読みました。ここのところ自分のことを「とげとげしたおばさん」だと思っていたのですが、この本を読んで私の心のどこかに、まだ柔い場所があったのかと...
人生を3つの単語で表すとしたら。むずかしい投げかけ。私には3つにまとめることなんてできない。本を開くのが怖いような気さえした。だけど、最...
言葉が積み重なり、ふんわりとした肌触りで日常を描く。まるで、むかしママがつくってくれたあまいあまいたまごやきの記憶みたいに、大人にしかわからない...
読むとやさしい気持ちになるだけでなく、恋愛や結婚など、人生の大切なポイントを教えてもらえた気がします。
※ 「この商品について語る」では、「この商品について語る」ガイドライン等に基づき、評価の高低等にかかわらず、お客様の自由な投稿を掲載しています。商品のご購入の際はお客様自身でご判断下さい。

 

戻る

キャッシュワンのサイトです。

キャッシュワンのサイトです。