キャッシュワンのサイトです。
オンラインキャッシング  詳細  全期  火曜日  引き出す  カエル  コンテンツ  借入れ  特集  記入  丁目  無断  マイナー  安心  パラドゥ  価格  秘密  応じ  または  女性 

通じとは?/ キャッシュワン

[ 730] Amazon.co.jp: あなたの話はなぜ「通じない」のか: 山田 ズーニー: 本
[引用サイト]  http://www.amazon.co.jp/a??a?aa??a?Rec±a? ̄a?aa??a?e?a??a?aa??a?a?Ra??-a±±c?°-a?oa??a??a??/dp/4480877533

対象商品であれば、購入金額にかかわらず、配送料が無料になります。つまり、無料配送サービスの最低購入金額(1,500円)を意識せずに、お買い物をお楽しみいただけます
プライム会員は、対象商品の購入の全てについて、通常配送又はお急ぎ便配送を無料(本規約中のその他の制限や条件にご留意ください)で受けることができます。但し、これらの配送オプションは、当サイトの在庫状況、注文期限及び一部については発送地域により限定されます。プライム会員は、同一の住居(同一住所)に住む家族を2人まで追加費用なしで家族会員としてプライムに加入させることができます。(20歳未満の会員は、その親権者又は後見人の関与なしにAmazon.co.jpのサイトを利用することはできません。)プライム会員は、いつでも家族会員の変更又は退会をさせることができます。家族会員は、プライム会員が会員を辞めた場合又はプライム会員により退会させられた場合には、自動的に家族会員の地位を失います。プライムは、法人利用、又は営利目的、業務目的若しくは再販売目的のお客様にはご利用頂けません。
プライムの対象は、Amazon.co.jpがwww.amazon.co.jp上で販売する特定の商品で、沖縄及び一部離島を除く日本国内を発送先とするものに限られます。当サイトは、都度当サイトの判断により、例えば設置が必要となる大型商品又は重量商品、危険物として規制されている商品その他発送に関して特別な配慮が必要な商品を、プライム対象外商品とすることができます。また、第三者により、又はAmazonマーケットプレイスなどの第三者販売プログラムを通じて販売される商品は、プライムの対象ではありません。なお、プライムの対象商品である場合には、当サイトのウェブサイト上に、それが明示されます。
お客様は、プライム会員に登録し、プライムを利用するために、Amazon.co.jpのアカウントを取得しなければなりません。当サイトは、当サイトの判断により会員登録を受入れ又は拒絶する権利を有しています。お客様は、上述の家族会員によるプライムの利用方法を除いては、自己の会員資格又はその特典を譲渡又は移転することはできません。プライム対象商品であっても、場合により注文や取扱いに関する料金又は税金がかかる場合があります。支払い方法が代金引換の場合は、別途代引手数料が請求されます。もし、お客様が注文する商品の一部がプライムの対象商品ではない場合には、お客様はかかるプライム対象外商品について所定の配送料を支払うことになります。また、注文の変更やとりまとめ、送付先、配達時期又は配達方法の変更は、プライムの適用について影響を与えることがあります。以下の点に注意して下さい。
通常配送及びお急ぎ便配送オプションは、お客様への配達予定日を決定するためのものです(これらのオプションは、商品の入手可能性や当サイトの発送予定日を反映するものではありません。)。
当サイトは、当サイトの判断において、陸路又は空路から発送することができます(これらのオプションは、運送方法の指定サービスとは異なります。)。
プライムの年会費は、3900円です。この年会費は、以下に明示的に規定する場合を除き、払戻しされません。翌年についてのプライム会員登録の更新前に、お客様が退会したい旨を当サイトに通知しない場合には、お客様の会員登録は自動的に更新され、お客様への通知なくして、当サイトは、お客様が登録された支払い方法に基づき、その時点で適用される年会費及び税金の支払を受けることができます。
Amazonプライムの会員は、会員登録後、サービスを共有できる家族の方も含め、一度もサービスを利用されていない場合は、キャンセルすることができ年会費の払い戻しを受けることもできます。
当サイトは、お客様に対し様々なプライム無料体験その他の会員の募集をすることがあります。無料体験会員は、当該会員募集の際に特別に規定されたものを除き、本規約の条件に従うものとします。無料体験会員はいつでも、無料体験期間の終了の際に、Amazon.co.jpのアカウントサービスを通して年会費を負担するプライムの会員登録をしないという選択をすることが可能です。
当サイトは、当サイトの判断により、お客様に何らの通知なくして、本規約、Amazon.co.jpの利用規約やプライバシー規約又はプライム会員に関する事項について変更することができます。しかしながら、年会費の増額については、会員登録を更新するまでは適用されません。また、当サイトが通常配送、お急ぎ便配送オプションの配送を有料としたり料金を値上げする場合、又は当サイトが、お客様が加入させることができる家族会員の人数を減らす場合には、その変更が生じる少なくとも30日前にEメールによりお客様にその旨を通知します。もしお客様がこれらの変更の実施前に退会される場合には、当サイトは、残りのプライム会員期間(但し、一ヶ月単位で残っている期間に限る)を基準に、年会費の割合的払い戻しをします。この払戻オプションは、当サイトが行なうその他の変更には適用されません。万が一、これらの変更が違法、無効又は何らかの理由により強制力がないと判断された場合でも、これにより、その他の有効かつ強制力のある変更又は条件は影響を受けることはありません。当サイトが本規約等を変更した後に、お客様がプライム会員登録を継続する場合には、お客様はその変更に同意したものと見なします。もしお客様がかかる変更に同意しない場合には、お客様はプライムを退会しなければなりません。
当サイトは、当サイトの判断により、お客様に通知なくして、プライム会員登録を解除することができます。もし当サイトが解除を行う場合には、当サイトは、残りのプライム会員期間(但し、一ヶ月単位で残っている期間に限る)を基準に、年会費の割合的払い戻しをします。しかしながら、当サイトが、お客様の行為が本規約又は法律違反、会員特典の詐取又は悪用並びに当サイト又は他の会員の利益を害するものと判断し解除する場合には、年会費の割合的払戻しはいたしません。当サイトがお客様に対して本規約の各規定を厳格に遵守するように要求しなかったとしても、それは当サイトの権利の放棄を意味するものではありません。
Amazon.co.jpの利用規約中の責任の限定及び免責に加えて、当サイト若しくはその取締役、役員、従業員、代理人若しくはその他代表者は、プライムに起因若しくは関連する直接的、間接的、特別、偶発的、必然的又は懲戒的な損害賠償又はその他の損害賠償について責任を負いません。当サイトの契約上、保証上、不法行為法上(不作為も含む)又はその他の責任限度額は、お客様が支払った直近の年会費を上限とします。 これらの免責及び責任の限定は、法律上許容される限度において適用され、退会又は解除によりその効力は失われません。お住まいの国や地域によっては、法律により、特定の損害について免責又は責任限定が許されません。もしこれらの法律がお客様に適用される場合には、上記の免責又は責任の限定の規定の全部又は一部は適用されず、お客様は上記規定に関係なく損害賠償請求ができます。
下のボタンをクリックして今すぐお申し込みいただけます。お申し込み完了後、この注文に新しい配送料が適用されます。今回お申し込みされない場合でも、申し込みページからいつでもAmazonプライムの会員登録ができます。
後でお申し込みされる場合は、この注文にAmazonプライムのサービスは適用されませんのでご了承ください。
支払い情報は最新のものですか? 指定したクレジットカード番号や有効期限を更新する必要がないか、必要に応じて確認してください。
配送方法はお急ぎ便ですか? 商品詳細ページの右側にある通常の1-Clickボタンを使用する場合は、お届け先への配送方法を確認してください。Amazonプライムのサービスを便利にご使用いただくには、配送方法を通常配送からお急ぎ便に変更する必要があります。
1-Click機能を利用して注文するのではなく、ショッピングカートを使用して注文する場合は、ショッピングカートに商品を入れて通常どおりレジに進んでください。「注文内容」ページには、以下が表示されます。
できるだけ早くお届けするように、商品は初期設定で「準備ができ次第発送」されるように設定されます。追加料金は発生しません。
家族に登録案内をおくるには、名前、続柄、Eメールアドレス、誕生日をそれぞれのフィールドに入力して、「登録案内を送る」をクリックします。入力したEメールアドレス宛てに、Eメールが自動的に送信されます。登録案内を受け取られたご家族の方はEメールの中にあるリンクをクリックし、サイト上にて登録手続きを完了してください。なお、登録案内を送ったお客様の誕生日を入力する必要がありますのでご注意ください。
家族会員を削除するには:削除する家族名の横にある「削除」ボタンをクリックします。削除された家族会員には、お知らせEメールが自動的に送信されます。
お急ぎ便は、日本国内への発送のみにご利用いただけます(一部地域を除く)。お急ぎ便対象外の商品については、通常配送をご利用いただけます。
このサービスは、法人アカウントをお使いの方、業務目的で商品を購入する方、再販目的で商品を購入する方はご利用いただけませんのでご了承ください。
Amazonプライムのサービス対象商品がご注文の一部に含まれる場合には、対象外の商品には該当する送料が請求されます。
商品は陸路または空路を使用して発送されます。このオプションは配送業者指定の配送サービスとは対応しません。
Amazonプライムの会員は、会員登録後、サービスを共有できる家族の方も含め、一度もサービスを利用されていない場合は、キャンセルすることができ年会費の払い戻しを受けることもできます。
会員登録は、毎年自動的に更新されるように設定されています。「アカウントサービス」から会員ページにアクセスすれば、自動更新しないように設定したり、更新時に支払い方法を変更することもできます。
下のボタンをクリックすると、上記の商品をショッピングカートに入れるとともに、年会費¥ 3,900でAmazonプライムの会員登録の手続きができます。年度の年会費、¥3900 は、お客様が選択したクレジットカードに請求させていただきます。また、お客様がAmazonプライムの会員登録を更新し続ける場合は、毎年、このクレジットカードに請求させていただくことになります。会員登録は、「アカウントサービス」でいつでもキャンセルすることができます。会員登録をキャンセルすると、次年度の年会費は、クレジットカードに請求されません。また、Amazonプライムの特典を一度も使っていない場合、会員登録をキャンセルし、年会費の全額返金を受けることができます。有効期限切れなど、なんらかの理由によりご指定のカードが使用できない場合、アカウントサービスに登録してある別のクレジットカードを選択させていただきます。
下のボタンをクリックすると、会員規約に同意したことになり、登録されているクレジットカードに年会費を請求します。
今から以内にレジに進み、「お急ぎ便」オプション(有料)を選択して注文を確定されたご注文が対象です。 詳しくはこちら
話が通じるための基礎のキソから懇切丁寧にお教えします。進研ゼミの小論文メソッドを開発し、考える力、書く力の育成に尽力してきた著者がおくる、究極のコミュニケーション技術。
どうしたら、うまく「伝える」ことができるのか? 話し方も文章と同様、組み立て方が命! 嫌われずに説得する技術、信頼の条件、共感を持たれるコミュニケーション術を伝授。
同じ情報でも、日経新聞で書かれている場合と東スポで書かれている場合ではその信頼度に差が出る。これをメディア力と呼ぶ。個人のメディア力を如何に上げるかがまずもってポイント。そして、「人は好きな人の話は良く聞き嫌いな人の話は聞くの嫌だ(p10)」というなんとも核心をつく言葉。感情を共有することの大切さを説く。コミュニケーション全般にありがちな落とし穴を浮かび上がらせ。そしてそれの対処法を書いてくれている。常に携帯して空き時間に繰り返し読みたい本。
最近は、論理的コミュニケーションやプレゼンテーションに関する書籍が結構増えてきた。もとより「論理」は読んで字の如く論を尽くす道理なのだが、どうしても心が置き去りになっていく。本当に伝えたいのは「想い」だというのに、正論としての正しさの追求ばかりが先んじてしまう。 本書は、著者が幾多の経験のなかで悩み・考えてきたコミュニケーションへのスタンスを伝えるものであり、志を込めたコミュニケーションへの方途を説く良書だ。 本書で説くコミュニケーションスキル自体は、実際、必ずしも目新しいものではない。2.相手にとっての意味を考える、3.自分が一番言いたいことをはっきりさせる、4.意見の理由を説明する。要は、ここまでは「What-Why」の構造であり、ベーシックなものと言える。 しかし、本書の肝は、伝わる前提となる1.自分のメディア力を上げる、そして、5.自分の根っこの想いに嘘をつかない、この2点に集約されるだろう。メディア力は「言葉は関係性の中で人の心に届く」と言い、共感を入り口にしたコミュニケーション、信頼関係あってのコミュニケーションとそのスタンスを説く。なにより、自分が本当に伝えたい想い、すなわち「根本思想」が届くことこそが目的だと言う。そう、単に自分の考えを通すということに留まらず、自分の想いを致すことに心血を割こうとする著者の姿勢に至極好感を持つ。 実際振り返って思うのは、何のために人間関係に悩んだり傷つき傷つけているのだろう、また、何のために言葉のもどかしさに苛立ったり失望したりしながらそれでも言葉に心を砕こうとするのはなぜなのか。内面的な想いで繋がることを求めてのことではないのか。著者は「何歳になっても、どんな強さを手にしても、人と通じ合えないとき新鮮な痛みを感じ続けられる人は志が高い」と伝える。これほど斯様に、コミュニケーションに悩む者を勇気付けるメッセージはないのではないだろうか。 考えを伝える汎用的な基本を押さえつつも而して内面的な「根本思想」で繋がることを訴える本書は、想いの世界観と外界とを繋げる契機を与える稀有な良書であると思う。
少しでもあんこが入っていれば満足な私の読書生活の中で、久しぶりにシッポまであんこのたっぷり入った本に出逢った。『バカの壁』にタイトルは似ているが、こちらがベストセラーでもおかしくないくらいの名著だ。間違いなく私にとっては今年最高の一冊になるだろう。 この本は、よくある小手先のコミュニケーション技術について書かれた本ではない。むしろ逆にスキルで取繕おうとするコミュニケーションの限界に気づかせてくれる。 コミュニケーションの「根本思想」を扱おうという意欲は、ともすれば内容を抽象的で分かりにくくしてしまうリスクと隣り合わせだが、本書はよく練られた適切な事例により、鋭く明快な形で本質に迫ることに成功している。 著者の今後の活躍に注目したい。
現在,ちょうど家庭の問題を抱えていたので普段ならあまり話をしない親と電話で会話をせざるをえない状況にある.今日も両親ととりとめもない激論を交わしながら随所でこの...
何を言うか、だけじゃなく、誰が言うか、ということが問題なのだということを
メディア力と呼び、メディア力の大切さを、納得させてくれる本です。...
初期の頃のズーニーさんの書籍。文章が現在に比べてまわりくどかったりするけど、言ってるコトは現在と何ら変わらない。表題のようなコトが思い当たるあなたにはピッタリの...
この本も「おとなのための小論文教室」と同じ作者のものです。こちらは文章ではなく、どちらかというと「コミュニケーション」に重きを置いています。ですが、基本路線は変...
『伝わる〜』を読んで文章に対する考え方が変わりました。
そしてコミニュケーション力とプレゼン力を高めたいと思いこの本を読んでみました。...
どうすれば、自分の思いをうまく相手に伝えることができるかについて、分かりやすく書かれています。...
内容は他の多くの方々が書かれている通り、「こころに響く論理構成を作るため」の思想、テクニックなどが惜しみなく書かれている。...
※ 「この商品について語る」では、「この商品について語る」ガイドライン等に基づき、評価の高低等にかかわらず、お客様の自由な投稿を掲載しています。商品のご購入の際はお客様自身でご判断下さい。

 

[ 731] スラッシュドット・ジャパン | 通じないIT用語、どう言い換える?
[引用サイト]  http://slashdot.jp/article.pl?sid=08/03/08/0119243

読売新聞(3月6日夕刊)の第一面に、「予後・合併症…患者に通じない736語、国語研が言い換え例」という記事があった。難解な医学用語が往々にして素人である患者に誤解される現状への改善策としての言い換えの試みである。場合によっては命にかかわるだけあって、コミュニケーションギャップの解消は死活問題に違いない。その意味で、関係者にしか通じない専門用語の、素人向けの言い換え指針は歓迎すべきことであろう。
さてビジネスの現場で、素人の顧客や上司相手の状況説明などに四苦八苦されることの多そうなアレゲ諸氏は、通じにくい{コンピュータ,プログラミング,システム,通信,セキュリティ,etc}用語をどのように言い換えているだろうか。便利な言い換え、場合による使い分け、いつも迷う専門用語、どうしても通じなかった愚痴など、好き放題にぶちまけたまへ。
但し書き: コメントはそれぞれ投稿した人のものです。決してわたしたちが責任を負うものではありません。
専門家でない人に理解できるように説明しろと言うのは簡単だが、専門家が何年何十年かけて積み上げてきた経験からなる知見を正確に伝えるのは難易度が高いだろう。言葉を言い換えることが適切な場合もあるが、それが広く効果のある解決策であるかのように考えるのは人月の神話でいうところの銀の弾丸を探す行為に等しい。もと記事では医療用語を上げているが、報道業界用語や法廷用語でも微妙なニュアンスを含んだ先鋭化が進んでいるのは知られている。それぞれ理由があってそれらの言葉が洗練されていったという経緯があるのだから、正確な言い換えが可能であるという仮定にも疑う余地がある。その方向は、わかりやすさと引き換えに不正確さの混沌に落ち込むような気がしてならない。裁判員制度導入で、裁判員の負担が減るように「わかりやすくする」みなおしが始まっているが、その判断が正確さを欠くことによる誤審を増やさないかが不安のひとつだ。誤審などないというなら、そもそも裁判員制度そのものが必要なのか?という話にもなるのだが。なお、どこの業界でも放っておくと業界方言が深化するのは確かなので、試みのすべてを否定するものではない。# 圧縮の対語には伸長を地道に使用する会
「いくら説明しても『医療ミス』のことだと間違われる」 そりゃ間違えてるんじゃなくて、そう思い込んでるんだと思いますよ。『回復しなければ、すべて医者が悪い』って。「最近の子供は、死んだカブトムシを見て『電池が切れた』と言う」 [google.co.jp]なんて風説だか都市伝説だかがまかり通ってますが、大人だって病気の治療を、部品を交換すれば直る機械の修理と同程度にしか考えてないってことですよね。# まぁもっと感情的に、万一の時に悲しみや怒りをぶつける相手がほしいってこともあるでしょうが。
ケースバイケースだろうけど、起こり得る合併症を全て説明しろとか、一刻の猶予もない急患の場合でも、ちゃんと事前に説明しろとか、言われても、事実上無理だと思う。
いくら紙面で用意しても、実際の現場では口頭で説明し、同意を得ることが求められます。本人家族が紙面の説明を読み下すのを待つのは現実的には時間の無駄です。時間をかけて読んだ挙句、結局口頭での説明を求められるのです。なぜなら「理解しました」という同意が必要だからです。ただ、専門家でない本人家族が理解できないのは当然だと思われるので、最初から無駄を省いて口頭で説明するわけです。しかし、複雑な治療について起こりうる全ての事象についての説明を行うことは到底できません。どうしてもそれをしなくてはいけないとなれば、患者の待ち時間はますます長くなり、説明のために実際の治療に関わる時間は減り、医療者が経験をつんで熟達するのが遅くなり、医療の効率が悪くなるとともに医療水準は低下するでしょう。マスコミの巧妙なコントロールの結果、多くの国民が「安全で高度な医療を低コストで問題なく受けられるのが当然」と勘違いしている現状を考えると、上記のような要求をするのが当然と考えるひとが多いのも無理ないかな、とある種の諦観をもって理解できますがね。まあ、社会保障機構としての日本医療体制は、マスコミと政府が壊してしまったので、これからはユーザが困る立場になっていくんでしょうね。
いや勝手に不足にしないでください。そんな書類は病院中に何十パターンとありますし、病院にいけばありとあらゆる病気のパンフレットとか説明パネル、置いてあるじゃないですか。何ならネット見てネット。いまどき一般的な事項について「コレステロールとは…」とか「コレステロールが高くなると…」とか、いちいち医者に説明されんといかんのですか。例えば東大で肝移植うける時のパンフレット [u-tokyo.ac.jp]が公開されてますが、大きな手術になれば一般的事項だけでもこんなもんです。でも医師はそこから先、患者個別の話を聞いて、カスタマイズした情報と判断と治療を提供するのが仕事です。というか並の理解力がある患者と医師との会話は、普通そこから始まります。するとパターンが膨大すぎて、今のマンパワーではその肝心な部分が、ある程度口だけの説明になるのはどうしようもないです。「糖尿病と狭心症を合併し孫の入学式だけはどうしても見届けたい高齢の胃癌患者の皆様へ」とか「腹膜炎の既往と肥満の合併と避妊用ピルの内服歴があり腹腔鏡下手術の困難が予想される胆嚢炎の患者様へ」とかいったパンフレットは存在しないのです。# 中には一切自己努力しない患者もいますが、そういうのはもうインフォームド・コンセントとかの概念の範疇外
そそ、考えられる事象を押さえるために様々な検査を行えば、「検査ばっかりして」と不平不満を募らせる。手術の方が手っ取り早くても総合的に考えて投薬療法を選んでるのに「薬ばかり出して」と言う。現在ではインフォームドコンセントに過剰なほどに力を注いでいるのに、話を聞いてるふりをして後になってまた文句を言う。ストーリーの本題に話を戻すなら、本当は通じてない話を通じてると錯覚して話し続ける医者にも問題はあるだろう。平易な言葉に置き換えるなど、通じるように努力する姿勢は常に必要。でも、聞いてる方が「解ったふり」してると、努力のしようがないじゃないか。解らないなら「解らない」とはっきり言え。
んじゃ、その分の医者の人件費、払ってもらえます?年収1000万程度の医者でも、1時間5000円ほど必要なんですよ。設備や管理費用だ何だっていったら、最低でも1時間1万円でしょうかね。という、当たり前の計算が出来ない馬鹿が日本人には多すぎる。人件費はタダじゃないんだって。
今回の話題は医療だから病院の事例で書くけれど、数年前から病院の受付で「患者様」という言い方をするようになった。
おそらく千葉の亀田総合病院のやり方をまねた接客だと思うが、なんか違和感がある。はっきり言って、言葉の上っ面だけ卑屈にした慇懃無礼という感じがして好きになれない。どちらかといったら、言葉遣いは多少乱暴でも手際よく診察も会計事務もすませてくれた方がよっぽと患者本位だと思う。
医療を受ける側が医者より劣る立場にある、という状況はおかしいと思うが、患者が医者や医療スタッフよりも上というのもおかしい。対等の立場で接してこそ、患者と医療スタッフが共同で病気(ケガもあるけど)に立ち向かう関係を築けるのではないかと思う。
現状のように、いわゆる「サービス業の心がけ」で患者を扱うと、「金を出してるんだから、医療スタッフが治療には何でも責任を負うべきだ」という意識が醸成されやすくなると思う。それに、これでは、病気やケガの治療って、患者本人の治癒力で治るのが本来であるという点が、意図的に隠されていくと思う。医療なんて本来、本人の治癒力の手助けをするだけのものだということを、もっと知らしめる必要があると思う。
で、一般論に広げると、お金を払うお客様が「神様」なのかということを、今一度、社会全体で検討した方がいいと思う。
お金を払っているから、何でも自分の思うとおりになるなんて思うのは子供じみている考えだけど、最近、そういう発想の人が多すぎる。
商業にしてもサービス業にしても、何かを提供する代わりに対価を払っているだけのことなんだから、提供者側が礼儀を持って対応するのと同じように、お客だって礼儀を持って接する義務があると思う。
なんか、そういう他人に対する思いやりとか連帯感とかが、バブル崩壊以後に目に見えて壊れてきたように感じる。
ちなみに、三波春夫の名ぜりふは世間で理解されているような意味では無いことに注意が必要だ。あの言葉を理解するには、芸能の歴史について民俗学的な理解が必要である。
しかし外国人にはRS232C を「あーるえすにーさんにーしー」で通じることがあるらしいたくさんの日本人が同様の間違いをするから憶えてしまったらしい
こちらは国内でも入手性は良かった(現在はTycoのコネクタも普通に買えますが)ので、何年前のことかは知りませんが、秋葉原のパーツ屋で「アンプのコネクタは扱っていないが、アンフェノールのコネクタは普通に扱っている」という事態は、普通にあった当たり前の風景だろうと思いますよ。
この手の議論では、何故か単語へと言い換えようとする。用語は、概念にラベルを付けたもんだ。概念が分からないのに、別のラベルを付けたって、分からない用語を増やすだけ「合併症」を「併発症」「複合症」まして「続発性余病症候群病変」なんて言い換えても、分かりやすくはならん。「合併症とは、一つの病気が他の病気を引き起こす事です」って言った方が256倍よろしい。# もちろん、医学的に適切にね。俺は医者じゃないからその程度の説明しか出来んが
いや病院に1ヶ月もいればすぐ分かると思いますが、要求レベルなんて1種類じゃないんですよ。スラドにいるような、若くて理解力があって少々の疑問は自力でネットで解決出来て、かつ専門職の専門職たる由縁がわかってて、苦労も理不尽も少々味わっていて、みのもんたや心霊療法を信じないタイプの人間は、もう最高に楽です。手加減なしで行っても概ね問題なく、逆にそっちが喜ばれますし、トラブルがあったとしても言葉が通じます。が、そんな人間は病院に来ません(笑)実際に医師が説明しないといけない「顧客」は、10歳児だったりとか、30分以内に処置しないと死ぬ人とか、5分話すと寝る人とか、合併症起こしたら殺してやるぞとナイフ持って脅しにくる人とか、合併症の話するだけでパニックになる人とか、話も聞かずにおまかせしますという人とか、目の前で夫婦喧嘩始める人とか、確率という概念を欠片も理解していない人とか、数十分説明した後に結局「癌は人参ジュースで治る」と言い出す人とか、そもそもサウジ人だったりとか。まぁ分かりやすい言葉の置き換えを学ぶことも大切ですが、大事な事はそんなことじゃなくて、結局相手が何を求めているか一瞬で空気読みする能力かなと思います。「総胆管結石が嵌頓してます」を「消化液が通る管に石が詰まってます」と置き換えるようなレベルの能力は誰でもとっくに獲得していて、そこからがスタートラインですから。
今までのいわゆる「専門家」が人を見下して専門用語とか略語とか、横文字とか使って、権威を盾に人を煙に巻いてきたのも事実で、それに対して医療を受ける側の権利を守ろうとしてインフォームド・コンセントとかいわれるようになってきたと思う。
でも、大部分の専門家の人たちは、自分の専門分野について説明を求められれば親切に答えてくれる人が多いと感じるけどね。
最近、どんな分野でも行き過ぎた権利意識の強い輩が多くなってきて、説明する側が真剣に説明しても理解できないというか、そもそも理解しようという気持ちのないのが見受けられる。
会話って、共通の前提とするものが必ず必要だから、たとえば義務教育レベル、新聞やテレビでニュースを見ていればわかる程度の知識が欠けている人に、完璧に理解させなければならないなんてなったら、そもそもの業務自体が成り立たなくなると思う。
現状のように社会の構成員のレベルにばらつきが大きく、今までのように常識が通じない輩が多くなってくると、業界毎に「説明すべき事項のガイドライン」と「説明受諾証明書」なんてのが必要になってくるかもしれない。
客先だけで通じる用語で苦労することは割とあります。こちらが「それはこの事なんでしょうか?」と質問しても、今度はそれが向こうには通じない。渡された書類でもデータ名や帳票名とかも略称で記述されてて、しかも同じような名前のモノがいくつもあるので特定するのに一苦労...
「デフォルトです」といったら通じなかった。債務不履行の意味と勘違いしたのかと思って、「クレジットカードの引き落とし日に頭を抱えるのとは別の意味ですよ」といっても、笑ってくれなかった。defaultという英単語自体を知らなかったらしい。説明したら「標準という意味ですか」といわれて「スタンダードとデフォルトは別の概念です。この場合は標準規格は特に存在しないので...」といったら余計に混乱したらしい。
友人「パソコンが壊れたみたい、なんかうまく動かないんだけどどうしたらいい?」私「あー原因がわからないとねー、OSはなんだっけ?」友人「OS?OSってなに?」私「パソコンを動かすソフトだよ」友人「パソコンの種類って事?それならVAIOだよ!」私「そーゆうのじゃなくて…んーとじゃあパソコンを起動したときに最初に出る画面になんて書いてあるかわかる?」友人「パソコンが動かないって言ってるじゃない!わかるわけないじゃんか」私「えーと…使ってるのwindowsなんだっけ?」こんな感じでもはや言い換えでもなんでもなくなる事がしばしば
女『車のエンジンがかからないの…』俺『バッテリーかな?ライトは点く?』女『昨日はちゃんと動いたんだけど…』俺『バッテリーかどうか知りたいんだけどライトは点く?』女『今日は○○まで行かなきゃならないから車を使えないと…』俺『んでライトは点く?』女『前に乗ってた車ではこんな事無かったのに…』俺『ライトは点く?点かない?』女『○時に約束だからまだ時間はあるけど…』俺『氏ね』
彼女が何を望んでいるのかを、よく考える必要があります。彼女にとって、車が動くようになる事より大切な事とは何でしょう?そこに気がつけば自ずと答えは導き出され、彼女の貴方に対する評価も高まろうというものです。女『車のエンジンがかからないの…』(中略)女『○時に約束だからまだ時間はあるけど…』男「じゃあ俺○○まで送ろうか?車出すよ」
一般人にはCPU、メモリ、ハードディスクが何をしているのかすらわからない場合が多いので料理する人、まな板、冷蔵庫にたとえますね。#昔の漫画で「計算速度の速いROM」って表現があったなあ…
逆の立場ですが、バージョンなんて単語はかつてはPCの世界くらいでしか使われなかったのに、今やごく一般的な単語になっちゃいましたね。
エキストラで駒の中の人やっていましたが(重装騎兵)馬の被り物も衣装も特に重いものではありませんでしたよ。王とかは機会がありませんでしたが……#アンブッシュで王を倒したことがありますw
新入社員研修のとき、隣の女の子のパソコンが調子悪くなったらしくヘルプを求められた。「どこか悪いの?」と聞かれて、ざっと見てとりあえずどこもおかしくなさそうだったので「日ごろの行いかなぁ〜」と答えたら、本気で怒られた。以来、専門用語の利用には気をつけてます。
言い換えるということは、その言葉の持っていた性質を奪うものであると私は思っています。たとえば男、男性、野郎、雄、漢等という言葉は言い換えるなら男(Man)ですべて表すことができます。しかしその言葉本来が持つニュアンスを削り取って、表現していえるため話者、筆者の意思がうまく反映されないのです。一度のすれ違いならまだしも、それが積み重なると大いなる誤解を生み出す可能性がある。それが言い換えの難しさですね。いずれにしても、相手のレベル、性格等をもとに適切に言葉を選ぶことが望ましいのは間違いないですが・・・
というか、インターネットの「ドメイン」とマイクロソフトの「ドメイン」が別物な時点で混乱の元なんですけどね
仲間内のスラング、ジャーゴンの類はともかく、「専門用語」は言い換えちゃだめです。余計な誤解が増えるだけ。
具体的な人間の動作を表す日本語の平易な単語への言い換えと身振り手振りしかあるまい。動詞や名詞すら通じ辛くなったら具体的な画面や物などを指してコレとかアレとかソレで置き換え。
インターフェイスという言葉ソフト、ハード共に使われる言葉で、しかも言葉の粒度が散漫すぎる。 IT関連では、「ハードウェアインターフェース」「ソフトウェアインターフェース」「ユーザインターフェース」の三つに大別できる。 IT用語辞典「e-word」より この中でも厄介なのは「ユーザインターフェイス」で言い換えると”人の使いやすさ”と訳されることが多いです。ハード・ソフト共に”接続装置”的な意味合いでしかないのに「ユーザインターフェイス」と言った瞬間、ユーザビリティや人間工学が絡んできます。ハード・ソフトから知った人は納得できるのですがUIやGUIなどの言葉から「インターフェイス」を知った人にはどうも理解されないようなのです。お客様・ソフト・ハードの全てが絡む業種で働いているので説明する相手によって、明確にわけて考えている自分に気づきました。
そういう問題ではないのでは?ユーザインターフェース → 使用者界面ハードインターフェース → 装置界面どの単語を使おうと訳わからんのは同じじゃないですか?
先日、単なる電源コネクタのことを「USBポート」って書いてある商品に遭遇したときは、ぶっとびました。形からして、全然違うじゃん。
私はハードディスクを「ハード」って略すのが生理的に受け付けられません。というか、「あのぉ、ハードが壊れたんだけど・・・」って言われると「『ハードが壊れた』じゃなにが壊れたのかわかんねーだろ・・・」と心の中でつぶやいてから、「あ、もしかしてハードディスクか・・・?」と気づくことが多々あります。
相手次第ですが、理解が難しい場合は、擬音語に置き換えます。特に「ガー」が汎用性と伝達力で秀でています。SPでWindowsのデフォルトのセキュリティの設定が変わったので、このソフト動かすには設定の変更が必要ですね。↓最近のwindowsはガーってなっちゃってるので、ガーってしなければだめなんですよ。自分でも何を言ってるのか判らなくなりますが、何故か通じます。重要なのは(責任の関係で)相手に理解してもらう必要性があるか、です。理解してもらう必要性が無ければ(特に作業をこちら側で行うならば)100%理解してもらう必要性はありません。#タレコミの医者の話では流石に無理ですね・・・。
統計的な話をするとき「対象とする母集団が違う」とかに使う「母集団」の説明がちょっと厄介だったりします。サンプル=母集団っていう方が多いですね。(母集団が少ないとか)あと故障率っていう言葉もJISで規定されている言葉と一般的に使われている意味が違うので結構困ります。販売数のうち故障で返品される割合を故障率っていう方が一般的かも。(スラドでもXbox360の故障率とかの話題が出たことありますね。)あと寿命もそうかなあ。工業製品なんかで寿命っていう言葉を使うと辞書の意味 [infoseek.co.jp] (1)生物のいのち。生命の長さ。命数。「―が尽きる」(2)物が使用にたえる期間。「このテレビはもう―だ」(3)素粒子や原子核、分子やイオン・遊離基などが、ある特定の状態にとどまっている時間。一般には平均寿命をさす。の(2)をイメージする方が多いですよね。#例が偏りすぎてるからAC
大学時代、バイト先に格ゲー好きな職員さんがいてよく話が盛り上がってたんだけど、他の職員さんに「君らはいったいどこの国の言葉で会話してるのかね」と言われたことがw#説明しても通じる気がしないという意味ではIT用語以上の難解さかも知れないw
元ネタになっている「医療用語の勘違い」ですが、言葉の問題ではありません。概念が難解なのでもありません。 「状況」の問題です。 大手術とか、抗がん治療とか、「予後」が問題になる重病などにかかることは、人生でそう度々あることではありません。みんな初心者です。 だから、説明を受ける時点で、頭に血が上っている(あるいは血が引いている)。理解力が衰えてるんです。
いいかげん、Linuxのディストリビューションという言葉も違う言葉を考えるべきだと思いつつ数年。nliteみたいなのが出てきたから、Windows userに対して「Windowsは軽量版インストールCDを作っても、それを配布することはできないでしょ」「Linuxはそれを配布できるから、インストールするだけでよりよい環境を提供できる」という話は通じやすくなったとは思います。が、ディストリビューターとかディストリビュートとか一般日本人は知らないのが普通らしいのよな。難しい話のイメージをあたえている。実際、エディションとかバージョンでごまかして話すこと多いけど…ねぇ…#deb系とrpm系をお題目と念仏で説明付けていいですか?
話す言葉を理解してくれる相手を見つける能力も大事かと思う。結局最初からこの人に話しておけば簡単に済ませたのに、という時は無駄な努力が悲しくなる。
専門用語の「パケット」を一般人に浸透させた上、「パケ死」なんていう造語まで生み出した某社はまさに賞賛に値しますな。
一応俺もIT屋の端くれのつもりだけど、意味わかんないよ。「汎用品じゃない」と「使えない」の間の論理的つながりが明確じゃないから。同じチーム内のメンバ間だと意味通るかもしれないけど、お客さん相手だと駄目かもね。
多分、「汎用品」じゃないから「流用」できないという意味で言ってるんだと思いますが?ま、確かにIT屋でも「ソフトウェア」方面の人には通じないし、意味が分かりにくいかもですが。#CEとか、いわゆるハードウェア扱ってる場合にはよく分かる話だったりする。

 

戻る

キャッシュワンのサイトです。

キャッシュワンのサイトです。